2018年12月20日 バージョンアップのお知らせ

2018/12/20

2018年12月20日のバージョンアップにより、下記機能の追加/変更をいたしました。
 
≪機能拡張≫
1.[すべてのチャネル]チャネル別集計にある「総滞在時間」「平均滞在時間」の表記を変更
2.[すべてのチャネル]チャネル別集計に「総滞在時間(秒)」「平均滞在時間(秒)」の項目を追加
3.[すべてのチャネル]コンバージョン属性/コンバージョンフローで特定の広告を含まないフローの確認が可能に
4.[AD/LPOエビス]かんたん検索条件の保存上限を20件から50件に変更

≪その他≫
5.[管理画面]お知らせの通知機能を追加
6.[管理画面]基本操作のチュートリアルを追加

1.[すべてのチャネル]チャネル別集計にある「総滞在時間」「平均滞在時間」の表記を変更

「総滞在時間」「平均滞在時間」について、これまで60分を超える場合も「分+秒」の単位で表示されておりましたが、「日」「時」の単位を追加して表記されるよう変更いたしました。

※「表示項目の切替」で「総滞在時間」「平均滞在時間」を設定しているユーザーが対象です。
  管理画面上の表記・CSVダウンロードで出力したファイル共に変更いたします。

 
≪対象画面≫
すべてのチャネル > チャネル別集計

2.[すべてのチャネル]チャネル別集計に「総滞在時間(秒)」「平均滞在時間(秒)」の項目を追加

「総滞在時間」「平均滞在時間」について、Excelなどで集計しやすいようCSVダウンロードで出力するフォーマットに「総滞在時間(秒)」「平均滞在時間(秒)」の項目を追加いたしました。

※「表示項目の切替」で「総滞在時間」「平均滞在時間」を設定しているユーザーが対象です。
  CSVフォーマットのみ変更となり、管理画面上で表示される表への変更はございません。

 
≪対象画面≫
すべてのチャネル > チャネル別集計

3.[すべてのチャネル]コンバージョン属性/コンバージョンフローで特定の広告を含まないフローの確認が可能に


 
接触フローから除外したい広告を検索条件として指定することが可能となり、以下のように特定の広告を除いた接触フローが確認できるようになりました。

≪接触フローの除外例≫
[本来の遷移] 広告A ⇒ 広告B ⇒ 広告C ⇒ CV(接触回数:3回)
[広告Bを除外した遷移] 広告A ⇒ 広告C ⇒ CV(接触回数:2回)

 
≪対象画面≫
すべてのチャネル > チャネル別集計、コンバージョンフロー

4.[AD/LPOエビス]かんたん検索条件の保存上限を20件から50件に変更

かんたん検索条件の保存上限を、1ユーザーIDにつき20件から50件に変更いたしました。

 
≪対象画面≫
ADエビス/LPOエビス

5.[管理画面]お知らせの通知機能を追加


 
管理画面にお知らせ通知のアイコンが搭載いたしました。

以下の通知がある場合、ご利用中のアカウントにお知らせ情報がございますので、ご確認いただきますようお願いいたします。
 
マーク】
ご利用中のアカウントに重要なお知らせがある場合に表示されます。
 

マーク】
ログインされているユーザーIDで未読のお知らせがある場合に未読件数が表示されます。
 
≪対象画面≫
管理画面全体

6.[管理画面]基本操作のチュートリアルを追加


 
計測データ確認画面の基本操作をご紹介するチュートリアルを追加いたしました。

 
≪対象画面≫
管理画面全体

本バージョンアップに関してご不明な点がございましたら、エビス・サポートセンターまでお問い合わせくださいませ。

ページトップへ
AD EBiS Mail News

お役立ち情報をお送りします

※ご登録いただいた方は、「個人情報の取り扱いについて」に同意したものとみなします。

single