間接効果測定

間接効果測定とは?

ユーザーがコンバージョンに至るまでに接触する広告は一つとは限りません。ほとんどの場合、何度か広告接触したり、検索してから、コンバージョンに至ります。
そのため、コンバージョンに至る直前にクリックされた広告の効果を「直接効果」とし、それ以前にクリックされていた広告、いわゆるコンバージョンをアシストした効果を「間接効果」と言います。

 

間接効果測定

 

間接効果測定の基本的な見方

間接効果測定の画面では、直間比率を使い分析を行います。間接効果測定の画面の見方をご紹介します。

間接効果

 

 直間比率 = 直接効果と間接効果のどちらに効果があるかを示している。

①「直接」の割合が大きい場合は、コンバージョンさせるのに強い広告という評価になります。

②「間接」の割合が大きい場合は、アシスト(認知)させるのに強い広告という評価になります。

③数値が入っておらず、クリックがカウントされている広告は何の効果もなかった広告という評価になります。

 

Q 間接効果の「2から10、以前」とは?

間接効果として経由された場合に、経由されたタイミングで広告別にポイントを集計している画面です。

【例】ユーザーがコンバージョンまでに、10個の広告に接触していた場合の間接効果の計測について

図【コンバージョンまでの経由した広告の履歴と間接効果の計測について】

【コンバージョンまでに経由した広告の履歴と間接効果の計測について】

上記の場合、各広告は以下のように計測されます。

[広告A]・・・コンバージョンする直前に接触 「直接効果」
[広告B]・・・コンバージョンの2つ前に接触 「間接効果2」
[広告C]・・・コンバージョンの3つ前に接触 「間接効果3」
[広告D]・・・コンバージョンの4つ前に接触 「間接効果4」
[広告E]・・・コンバージョンの5つ前に接触 「間接効果5」
[広告F]・・・コンバージョンの6つ前に接触 「間接効果6」
[広告G]・・・コンバージョンの7つ前に接触 「間接効果7」
[広告H]・・・コンバージョンの8つ前に接触 「間接効果8」
[広告I]・・・コンバージョンの9つ前に接触 「間接効果9」
[広告J]・・・コンバージョンの10つ前に接触 「間接効果10」

※[以前]は、間接効果6から10までの合計値になります。

 

 

関連語句
: adebis,ad,広告,レポート
ページトップへ
AD EBiS Mail News

お役立ち情報をお送りします

※ご登録いただいた方は、「個人情報の取り扱いについて」に同意したものとみなします。

single